業界ニュース

赤ちゃんはシリコンスプーンを使用していますか?

2019-02-25

食事の間に、私達は通常、両親が赤ん坊を養うために赤ん坊を追いかけるためにボウルを握っているという現象を見ます。適切な年齢で、赤ちゃんは自分のカトラリーで食べるように訓練されるべきです。しかし、ベビー食器用の材料の選択は、保護者の考慮に値する質問です。それで、赤ちゃんはシリコンスプーンを使っていますか?


The baby's first spoon is preferably a food-grade silicone soft head spoon. Silicone is a common raw material for pacifiers. It is soft in texture and will not hurt your baby's delicate gums. It is not easy to deform, it is resistant to baby bites, and the material is safe. It can be boiled and disinfected without any harmful substances. It should be noted that the silicone soft head spoon usually means that the spoon head is made of silicone material, and the spoon handle is not made of silicone material, and generally is made of PP material. Be careful to choose a baby spoon that can be autoclaved, the edge of the spoon is smooth and the burr is not sharp.

6〜10ヶ月の赤ちゃんが補完的な食べ物を追加し始め、そして手の動きがより柔軟になり、約8ヶ月で、赤ちゃんはボウルに食べ物を釣るためのスプーンで大人のように見える方法を学び始めましたスプーンを食べ物のスプーンで口の中に入れます。以前購入したシリコン製のソフトヘッドスプーンはまだ使用できます。ただし、シリコンスプーンは柔らかすぎて食べ物をこするのが簡単ではないため、ママとパパは赤ちゃんのために硬いスプーンを用意し、安全な素材のプラスチックスプーンを選択することをお勧めします。 PPスプーン赤ちゃんのグリップを容易にするために、グリップデザインのあるハンドル付きのスプーン(バンプや丸いハンドルなど)を選択するのが最善です。